• sander3000

佐賀県処遇改善セミナーにて

11月30日


佐賀県「建設業処遇改善セミナー」で、職場づくりに必要なこと、新しい職域、人材育成を主なテーマにお話をさせていただきました。


午前、午後の2部制となったこのセミナーでは、私達が今まで関わった建設業で働く女性や若者の声をご紹介したことで、参加者から多くのご質問も頂戴しました。


また、


処遇改善、魅力ある職場づくりと言っても職場を丸ごと作り替える予算もないし、何から始めていけばよいかわからないといったお声も頂戴しました。


処遇改善=待遇の条件を改善する


ではなく、多くの人が活躍できる場所を作ることと考えると、現場を見たいと言った女性社員に「危ないからダメ」と言っていたが、安全パトロール等で現場を見る機会を作ることや、出されたアイデアを積極的に採用し、評価される機会を作ることも全て処遇改善です。


建設業界では熟練者、若者、女性、外国人と働き人にますます多様化が進んでいます。言葉やコミュニケーションの問題で悩むこともありますが、最初の機会がないと進むものも進まないと感じます。


経営者の皆様


働く人が活躍できる機会を作ってくださることを切に願います。

6回の閲覧